このシャンプーは、アトピーでも大丈夫?

uruotteシャンプーは、アトピー肌でも大丈夫?

uruotteシャンプーは、アトピーの人が使っても大丈夫なの?
そんな疑問をお持ちかもしれません。

 

 

実は肌のトラブルの一番の大敵は乾燥です。

 

石油系のシャンプーは界面活性剤が入っており、肌から
潤いを奪ってカサカサにしてしまうようです。

 

その理由は、皮膚に住んでいる細菌と密接に関係して
いるからだそうです。

 

人間の腸内には100兆個の細菌が住んでいると言われていますが、
実は皮膚の表面にも皮膚常在菌といわれる細菌などが住んでいます。

 

この皮膚常在菌は、お風呂や手洗いなどで数は減少するのですが、
しばらくすると元に戻るのだそうです。

 

この皮膚常在菌などの皮膚の上に住んでいる細菌の菌種や菌量の
変動バランスがお肌の調子を左右しているようなのです。

 

もし、お肌がしっとりつやつやした状態なら、それは表皮ブドウ
球菌が多い証拠。

 

皮膚ブドウ球菌は、皮脂や汗を取り入れて酸を排泄することで、
表皮を弱酸性に保っているのです。

 

菌が皮膚にいるのは気持ち悪い!

 

そういって、必要以上に身体を洗ったり、抗菌パウダーで武装して
しまうと、表皮ブドウ球菌は皮膚からいなくなってしまいます。

 

すると弱酸性に保たれていた皮膚が荒れてきて乾燥しはじめます。
それがかゆみや油っぽくなったり、ブツブツやジクジクの原因とも
なってしまいます。

 

それは表皮ブドウ球菌にかわって、アルカリ性を好む病原性の細菌
が取って代わったという事です。

 

実は表皮ブドウ球菌が弱酸性物質を排泄する事で、病原菌の
多くは増殖したり、皮膚内部への侵入が出来ない状態であった
のですが、そのガードが外れてしまうという事なのです。

 

アトピーの方は、表皮ブドウ球菌よりも化膿を促進する
黄色ブドウ球菌の方が多く繁殖しているようです。

 

このバランスが表皮ブドウ球菌が多い場合は、黄色ブドウ球菌も
大人しくしているのですが、皮膚表面が弱酸性からアルカリ性に
傾くと黄色ブドウ球菌が暴れ出すようなのです。

 

一度、皮膚にトラブルが生じると、カサカサになり、細胞と細胞の
隙間ができて外部からの刺激が内側に届きやすくなるのです。

 

皮下組織に進入した黄色ブドウ球菌は、グリコカリックス(菌体外多糖)
やフィブリンファイバー(繊維組織)を生成し、自分たちを守るバイオ
フィルムを形成します。

 

このバイオフィルムは一度形成されると消毒薬や抗生物質も跳ね返して
しまうので、バイオフィルム下の黄色ブドウ球菌には届きません。

 

だから肌にトラブルを抱えてある方は、洗浄し過ぎて表皮ブドウ球菌を
減らしてしまわないよう肌を弱酸性に保ってあげる事が大切
になって
きます。

 

少し、理屈っぽくなりましたが、悪い菌の繁殖を押さえ良い菌を増やして
あげる事で皮膚のトラブルを避けやすくすることができるという事です。

 

なので天然自然成分由来のuruotteシャンプーなら、安心して
お使いいただけると思います。

 

 

関連ページ

赤ちゃんにもおススメな安心安全な理由とは?
シャンプーの開発コンセプトは「赤ちゃんにも使っていただけるやさしさ」。なので、天然自然素材を贅沢に配合し、化学成分を使って無いのに汚れスッキリも実現しました!
アトピー肌でも大丈夫なの?
uruotteシャンプーは、アトピー肌にも大丈夫?実は、皮膚には細菌が住んでいて肌のトラブルから守ってくれているようですよ。
アトピーでも大丈夫?刺激の原因は皮膚常在菌にあった?!
uruotteシャンプーはアトピー肌に刺激はないのでしょうか?アトピーの問題には皮膚常在菌原因があるようですよ!
アトピーのシャンプーとしても、おすすめなuruotte!
アトピーのシャンプーとしておすすめなのは、石油系洗浄剤ではなく、頭皮を弱酸性に保ってくれるアミノ酸シャンプーです。その理由は皮膚に常在している善玉のブドウ球菌にあるのです。

トップページ 商品について 効果や成分について 口コミについて! おススメ購入サイトはここ! サイトマップ