アトピー肌にも優しい?

アトピー肌にも大丈夫?その秘密は皮膚に住むある菌と関係が?

uruotteシャンプーは、アトピーにはどうなの?と疑問をお持ち
かもしれません。

 

実は、洗浄力の強い界面活性剤入りの石油系のシャンプーは、
肌からしっとり感と潤いを奪って、カサカサトラブルの原因に
なってしまいます。

 

それは、皮膚の上に住んでいる細菌と関係があるようです。

 

腸内には100兆個の細菌が住んでいると言われていますが、
実は皮膚にも皮膚常在菌などいろいろな細菌が住んでいるのです。

 

お風呂などに入ると、数はかなり減るものの、しばらくすると菌が
元通り、手、足、お腹、顔と皮膚全体に一兆個もあると言われています。

 

この菌種や菌量の変動が実は「お肌の調子」を左右しているのです。

 

もし、あなたの肌がしっとりつやつやとしているなら、表皮ブドウ球菌
という常在菌が元気に活動しているという証拠です。

 

この表皮ブドウ球菌は、皮脂や汗の成分を取り入れ、酸を排出している
のです。

 

「うわー菌が繁殖しているなんて気持ち悪い!」

 

そう思って、やっきになって体を洗い、抗菌パウダーをふりかけると、
皮膚の表皮ブドウ菌は死滅してしまい、皮膚は乾燥しカサカサになり、

 

かゆみが出たり、部分的に油っぽくなり、ブツブツやジクジクが現れ
はじめる事になります。

 

その原因は、表皮ブドウ球菌とは別の種類の細菌が繁殖し始めたという
ことになるようです。

 

表皮ブドウ球菌の産生物質は弱酸性で、皮脂の脂肪酸とともに、皮膚
表面を弱酸性に保ってくれます。

 

病原菌の多くはアルカリ性を好む傾向にあり、肌が弱酸性に保たれて
いれば、皮膚表面での増殖や皮膚内部への侵入はできません。

 

これで菌を嫌って、体を必要以上にゴシゴシ洗うと、表皮ブドウ球菌が
少なくなり、皮膚はアルカリ性に傾いて、外からアルカリ性を好む病原菌が
付着し、増殖をはじめるのだそうです。

 

現にアトピーを持つ人は、表皮ブドウ球菌よりも、化膿などを促す
黄色ブドウ球菌が繁殖しているという事が見受けられるようです。

 

通常は、この黄色ブドウ球菌も、表皮ブドウ球菌が優位であれば、弱酸性に
皮膚が保たれているので、悪さをしない日和見菌として大人しくしている
ようです。

 

これは、腸内細菌における善玉菌や悪玉菌、日和見菌との関係に良く似て
います。

 

ところが、一度、皮膚にトラブルが発生すると、特に細胞の表皮が
カサカサとなり、細胞間にすき間ができて、外部からの刺激が侵入しやすく
なります。

 

そして、一度、皮下組織に進入した黄色ブドウ球菌は、グリコカリックス
(菌体外多糖)やフィブリンファイバー(繊維組織)が産生され、やがて

 

それが自分たちを守るテント(バイオフィルム)を形成してしまうという
事にあるようです。

 

このバイオフィルムが厄介なのは、一度形成されると消毒薬や抗生物質が
跳ね返されてしまい、フイルムの内部に隠れて繁殖している黄色ブドウ球菌の
菌体に成分が届かなくなってしまうという事があるようです。

 

なので、特に肌のトラブルを抱えてある方は、洗浄し過ぎないという事と、
肌を弱酸性に保つということ、天然素材の洗浄剤を使って、表皮ブドウ球菌を
再生しやすい状況に皮膚を保ってあげる事が大切になってきます。
ということで、天然自然成分由来のuruotteシャンプーなら、安心して
お使いいただけると思いますよ。

 

関連ページ

赤ちゃんにもおススメな安心安全な理由とは?
シャンプーの開発コンセプトは「赤ちゃんにも使っていただけるやさしさ」。なので、天然自然素材を贅沢に配合し、化学成分を使って無いのに汚れスッキリも実現しました!
この商品がアトピーでも大丈夫なのはどうしてなのか?
uruotteシャンプーは、アトピーでも大丈夫なのでしょうか?その秘密は肌をトラブルから守ってくれる皮膚の細菌が関係しているようですよ。
アトピーでも大丈夫?刺激の原因は皮膚常在菌にあった?!
uruotteシャンプーはアトピー肌に刺激はないのでしょうか?アトピーの問題には皮膚常在菌原因があるようですよ!
アトピーのシャンプーとしても、おすすめなuruotte!
アトピーのシャンプーとしておすすめなのは、石油系洗浄剤ではなく、頭皮を弱酸性に保ってくれるアミノ酸シャンプーです。その理由は皮膚に常在している善玉のブドウ球菌にあるのです。

トップページ 商品について 効果や成分について 口コミについて! おススメ購入サイトはここ! サイトマップ